会社の配置転換、退職奨励があった場合は?

質問

会社のリストラ対策なのか、希望でない部署への配置転換や、退職を奨励するような動きがでてきました。
今までお世話になってきた会社ですから敵対したくはないのですが、うまく対処する方法はありますか。



答え

不当な配置換え

経営不振などで人員を整理しはじめた会社側は、不当な配置換えや転勤などで退職を促すような手段をとってきたりします。
これまで頑張って働いてきた会社ですし、お世話にもなっている思いがあるでしょう。
しかし、このような行為が続くと、どうしても会社と対決姿勢をとらざるを得なくなってしまいますね。

いくらお世話になったからといっても、あなたの従業員としての権利もあるわけですから、正当な主張はすべきですよ。
もしも、合理的な理由のない配置転換には、拒否できます。
また、関連会社への出向や転籍などは、本人の同意が必要ですので、会社側が無断で行うことはできません。
しかし、一度リストラ対象者になると、会社側は自主的に退職させようとあの手この手で攻めてくることでしょう。

退職奨励

その他の嫌がらせ行為としては、会社の退職奨励に応じなければ懲戒解雇にすると脅す場合もあります。
しかし、懲戒解雇については就業規則に規定されていますから、脅しに屈しないようにしてください。
また、自分だけ社内メールが届かない、連絡がこないなど、明らかなイジメ行為をする会社もあるかもしれませんが、それでも心を強くもって立ち向かってほしいです。

このような行為に屈しないためにも、会社の就業規則などは最低限頭に入れて対処することが必要になります。
その上で、労働組合や個人で加入できる外部の組合などに相談するといいでしょう。
なかには、話し合いでは決着せず、裁判沙汰になった例もあるようです。
そこまでこじれたくないと思いますが、万が一そのような事態に陥っても、不利な状況を避けるために、普段から気づいたり、気になったことをメモして証拠を残すようにしましょう。
形に残る証拠が、最終的に重要な役割を果たします。
タイムカードや日報をコピーしたり、会社側との話し合いを録音する方法もありますね。

なんにせよ、いざというときには、あなたの強い意思が大切です。
会社の仕打ちに負けないように頑張ってください。



フィード