希望退職して転職するには?

質問

不況の波は我が社にも訪れているようで、希望退職者の募集が行われています。
自分自身、この会社にこのままいても、いつリストラされるか分らないので、この機会に希望退職して転職したいのですが、どうでしょうか。



答え

この不景気では、経営が困難になっている会社が多いのではないでしょうか。
なかには倒産してしまう会社もあります。
その前に人員整理をして立て直しを図る会社もたくさんあるようです。
それがリストラなのですが、なかには相談者の方の会社のように、希望退職者を募るところもあります。

希望退職対象者

この希望退職対象者になると、会社によりますが、退職金の上乗せがあったり、再就職の支援をしてくれる、なんらかの特典を付けてくれるようです。
つまり、おいしい特典を付ける代わりに、円満に会社を辞めてほしいという企業側の思いがあるわけです。

この希望退職ですが、それに応じるか否かは、会社から提示された条件によって判断すればいいでしょう。
退職金にはいくらくらい上乗せされるのか、再就職の支援はどこまで行われるのかなどをハッキリと提示してもらいましょう。

転職を考えていた人

転職を考えていた人にとっては、この制度を使って退職した方がお得ですよね。
転職を考えていない人や、辞めることにメリットを感じない人も、退職しなかった場合のデメリットも考えておいた方がいいでしょう。
このような希望退職者を募集している会社は、先行き不安な部分がありますから、将来的にもっと経営困難な事態になることも考えられます。
そうなると、今のような希望退職を募ることすらしないで、無理矢理リストラしたり、最悪の場合倒産ということもあり得ます。
慢性的なポスト不足になっている会社も、将来的に難しいのではないでしょうか。

また、この希望退職制度で、優秀な若い人材が見切りをつけて退職してしまい、残った社員の多くは年配者だけというような例もあるそうです。
目の前の条件だけで判断せずに、将来的なことも考えて検討することが重要なのですね。
そのためにも、自分は将来どうなっていたいのかなどビジョンを描けるようになっていないとなりません。
みんなの流れに乗るのは簡単ですが、リスクも負う覚悟も持ち合わせておきましょう。



フィード